一番大事なのは無理をしないこと
2017.07.26

カラフルなマンションアパート投資をする上で、最も大事なのは「無理をしないこと」です。無理をしないことというのは、やはり「金銭的な無理」のことがメインになります。アパート投資を考える上では、「未来に向けた資産作り」、「これからの人生設計を見つめ直す」といったことの他に、「今の生活を変えたい」といった新たな挑戦としての意味合いも含まれることでしょう。現在の日本社会には、どことなく閉塞感が漂い先行きの見えない不安感が立ち込めています。この状況を鑑みて、「アパートによる家賃収入で一攫千金をしてやる!」という選択は別に間違ったことではありません。むしろ、この試みは賢明だと言えるでしょう。しかし、それでもアパート投資は藪から棒に進めて良いような事柄ではありません。始めること自体は、手続きさえ踏んでいけば誰にでも可能です。ですが、アパート経営は必ずしも儲かるビジネスでもありません。
事前にどういった物件を扱うのか、どういった層をターゲットにするかといった調査を行わなくてはなりません。さらに時代の先行きを予測し、安定的に入居者がいるかどうかという点も重要になってきます。アパート投資はマーケティングの知識が必要になってくるでしょう。
こういった準備を進めていく上では、大きな心労が伴います。不動産経営するということで、扱う金額も大きくなりがちで二の足を踏んでしまうこともあるでしょう。決して焦ることなく地道に取り組んでいくようにしましょう。ただ、慣れが生じてくると人はどうしても油断することや身の丈に合わない行動に出たりしてしまいます。例えば高額の資金を投じ無理にアパートの設備を拡充や、人の動きを鑑みず地理的な条件だけで物件を選択するのはおすすめできません。大きな買い物になることは言うまでもなく、ある程度決断する勇気は必要ですが、きちんと情報を集めた上で最善の選択をとる必要があるでしょう。
この時代、先行きに不安を感じているのはあなただけではありません。誰もが不安を感じ、「どうにかして一発当てたい」、「今とは違う豪華な暮らしをしたい」と思っています。アパート投資はその手段としては賢明だと冒頭でお話しましたが、やはり勢いだけで上手く成り立たせることは難しいでしょう。大きな儲けはさておき、自分に無理のない準備を進め、少しずつその規模を大きくしていき入居者へのサービス向上を図っていくのが最善なのではないでしょうか。
「決して無理はせず、自分のペースでゆっくりと」。これを合言葉にしてくださればと思います。

▲ ページトップへ