アパート投資に最低限必要なもの
2017.07.26

矢印アパート投資は近年注目されている投資方法の一つですが、実際に始めようと思えば誰でも始めることができます。最低限必要なものは手続きの際に必要な、源泉徴収書、確定申告書等の書類、そして購入にあたっての手付金や手数料です。購入にあたっての資金は金融機関に融資してもらうようにしましょう。おそらく多くの方が足踏みするのはこの資金調達の段階でしょう。「多額の元手がなくては始められない」、そう考えてしまうのです。しかし、融資を受けることさえできれば、アパート投資は始めることができますし、ごく普通のサラリーマンの方でもこのようにしてアパート投資を始めるケースが増えています。「できない」という固定観念をまずは少し変えてみて、よく情報収集をしてみてください。
また、元々土地を持っている方であれば、より始めやすいでしょう。当たり前ですが、土地無くしてアパートを経営することはできません。もし、親族の方で土地を遺している方がいる場合や、特に利用する予定もなく放置しているような土地を持っている場合は、アパートを建てることを検討してみてはいかがでしょうか。
物質的に最低限必要なもの、あると良いものはそれくらいでしょう。それよりも必要なのは、赤字にならないだけの家賃収入が得られるかどうかの見込みをたてることでしょう。周辺の地理環境をよく調べるようにしましょう。どういった年齢層の人々が住んでいるのか、教育施設や公共施設、生活に欠かせない店舗等がどれだけ充実しているのかといったことも調べなくてはなりません。この点は「自分だったらどのような物件に住みたいかなぁ」といった、普通に自分が物件を探す感覚で考えれば良いでしょう。自分が住みたい地域や物件の特徴をリストアップし、優先順にをつけるのも良いかもしれませんね。また、自分だけの感覚だと考えが偏ってしまいますから、老若男女複数の方に聞いてみると良いでしょう。もしある程度購入したい物件の地域が決まっているのであれば、その地域に多い年齢層の方に聞くと良いでしょう。こういった情報は各自治体の人口動態調査の結果を参考にしたり、実際に自分の足でその地域を歩いてみたりするのも良いでしょう。
なんにせよ、やはり大切なのは事前の情報収集です。土地や元手の資金よりも、まずはこの情報収集を念入りに行い、ご自身の計画をクリアにしておきましょう。計画が明確であれば後はもう始めるだけです。ぜひ一度ご検討ください。

▲ ページトップへ