必要な手続きについて
2017.07.26

螺旋階段近年これからの生活に備えて、個人で投資を始める方が増えてきています。なかでも人気なのが賃貸経営で、アパートへの投資が注目されるようになりました。アパートに限らず、不動産の投資はかなりハードルが高そうだと思われる方が多いため、「やってみたいけど、難しそうだし手続きも大変そう」と足踏みしたままというケースもよくあります。しかし、その手続きも事前に確認してみるとそれほど難しくありません。
まず必要なのは「開業届」です。開業届は国に事業を始めたことを知らせるための手続きで、節税にもなる青色申告等をするためにも必要になります。アパート投資は継続的に様々な費用がかかるため、必ず行うようにしましょう。購入する物件は不動産会社や仲介会社を通して見つけていきましょう。資料を取り寄せ、しっかりと収益をあげられる物件を探さなくてはなりません。物件が決まったら、金融機関と「融資の審査ならびに契約」を行いましょう。この際には仲介手数料や保険料等の諸費用もかかってきます。費用は物件の価格により左右されますから、どれだけかかるかよく把握した上で準備を進めなくてはなりません。無事融資されることが決まったら、「移転登記」が行われます。この際にも手数料等がかかりますから、よく確認しましょう。
大まかな流れは以上のようになります。そもそも論にはなりますが、アパートを経営するのに特別な資格は必要ありません。もちろん、それに伴う知識はしっかりとつけていく必要がありますが、誰でも始めようと思えば始められるのです。
わからないことは仲介会社にきちんと問い合わせるようにし、できるだけ不安なく手続きを進めていくようにしましょう。また、最も大事なことは手続きではなく、物件の見定めです。物件の構造はもちろんのこと、周辺の地理環境や人の流れをきちんと把握しなくてはなりません。手続き自体は滞りなく行えても、安定した家賃収入が入ってこなくては元も子もありません。ただ、手続きさえ済んでしまえば、ご自身でやることというのはあまりありません。だからこそ事前の準備をしっかり行い、後顧の憂いなく臨むようにしなくてはなりません。
また、自身で土地を持っている場合や、親族が賃貸経営をやっている場合は、始める際のハードルはもっと低くなることでしょう。土地はそのまま利用すれば良いですし、わからないことや不安なことは親族に相談する、これほど恵まれた状況はありません。ぜひ一度ご検討ください。

▲ ページトップへ