アパート投資で節税も実現
2017.07.26

黄色いマンション近年注目を集めているのがアパートへの投資です。アパートを経営することで家賃収入を得ることができ、資産にすることができます。「不動産を持っている」と聞くと、私たち日本人は「お金に余裕がありそう」と思ってしまうことも多いでしょう。それだけ不動産というものは私たちの生活のなかで、富を得るための代名詞とも言うべき手段の一つです。これからの時代何が起こるかわかったものではありません。だからこそ、不変的な資産として、不動産というものは過去も現在も、そして未来も人気の投資先なのです。
また、アパート投資は「節税」方法の一巻としても注目を集めています。アパートを経営するにあたっては、様々な費用や税金がかかります。人が住むのですから、修繕費だってばかにはなりません。こういった諸々の費用は家賃収入から控除したとしても、税務上は赤字になることがあります。この赤字は、サラリーマンの方に支払われる給与にかかる所得税を節税することができるため、最終的には手取りの収入が増えるというわけです。
日々忙しく働くサラリーマンの方でも、きちんとした計画の下で、きちんと収益が得られる物件を管理すれば、十分な収益をあげることができるのです。また、経営業務そのものが難しくても、アパートを経営するための仲介会社を上手く挟むことで、ご自身の労働を最小限に抑えることが可能です。現在得ている収入に不満がある方、親族の間で眠っている土地がある方という方は、節税・土地活用の一環として利用することができます。また、これからの将来を生きるための新たな収入源とすることも十分に可能です。お金の稼ぎ方は一つだけではありません。いつどんな時も、どういった方法でお金を稼ぐことができるか考えておくのは賢明なことでしょう。
そして、節税と聞くと、どうしても「ズルい」、「逃げだ」といった見方をする方もいます。しかし節税をすることは、前述したように誰もがこれからの社会を生き抜くための一つの知恵なのです。賢い方法も模索せずして、これからの時代を不満なく生き抜くのは難しいでしょう。それに、節税をすることで社会に回る新たなお金というのもあるはずです。お金というのは、「天下の回り物」です。回り回って、いつも誰かの生活を支えているのです。
アパート投資は誰にも始めることができます。土地の所有の有無によって差は確かにあるかもしれませんが、始められないことはないのです。ご興味のある方は、情報収集を始めてみてください。

▲ ページトップへ