メンズのふたつ折り財布☆購入6サイト

Home > ふたつ折り財布のメンズデザインについて > メンズの財布は長財布かふたつ折り財布か

メンズの財布は長財布かふたつ折り財布か

 新しい財布を男性が選ぶ場合、長財布とふたつ折り財布、どちらを選んだほうがいいのか、迷う人も少なくありません。
結論から言うと、両方1つずつ持っていることで、シーンに合わせて使い分けができるでしょう。
それぞれの財布のいいところを理解して購入することで、満足できるといわれています。
長財布の場合、薄手のものならばジャケットの内側のポケットに入れて利用することができます。
しかし、小銭入れが付いていない物も少なくないため、小銭入れを別に持ち歩くことが必要となる場合も少なくありません。
また、支払いをスムーズに行うことができますが、おつりをもらった時に小銭入れを出さなければならないことも多く、支払うタイミングによってはレジの前でもたついてしまう可能性もあるため、注意してください。
スマートで快適な支払いをしたい人のなかでも、クレジットカードをメインとした支払いをしたい人向けといえるでしょう。

 一方、メンズのふたつ折り財布の場合には小銭入れをもつ必要がありません。
小銭入れが元から付いているからです。
それだけではなく札入れやカード入れも長財布同様についているため、機能を凝縮した財布となっていることが特徴といえるでしょう。
カードをメインとした支払いを行う人ばかりではなく、現金払いを優先したい人にも利便性の高い財布といわれています。
ただし、残念なことに二つ折り財布の場合、お札を折らなければなりません。
そのため、札を綺麗に保って使いたいと考えている人にとっては不便な物といえるでしょう。
カードに対しては長財布ほど入りませんが、普段使用するカードとポイントカードを厳選して入れることによって、使いやすい財布にすることができます。
機能が凝縮されているため、使い方に工夫がいる財布といえるでしょう。

 長財布とふたつ折り財布、それぞれのメリットを理解したうえで、使いやすいシーンに応じた利用方法を考えて下さい。
長財布の場合にはカードをメインとした支払いに利便性を感じる人が多いため、海外を中心とした支払いをする人向けといえるでしょう。
電子マネーと併用することによって、つり銭要らずの支払いが可能といえます。
対して二つ折り財布の場合、国内で現金を中心とした支払いを行いたい人向けでしょう。
現金で支払う方法として利便性が高い財布として仕上げられているため、普段使いの時には利便性が高いといえます。
しかし、海外の場合には財布として目立つことも考えられるため、厚みで狙われる危険性もあることから、国内で使用したほうがいいでしょう。
ただし、使い方によっては長財布よりも防犯性が高く、安全に海外で使用できる可能性も高いといわれています。

▲ ページトップへ