メンズのふたつ折り財布☆購入6サイト

Home > ふたつ折り財布のメンズデザインについて > キャッシュレスと相性の良いふたつ折り財布

キャッシュレスと相性の良いふたつ折り財布

 メンズ財布を購入する場合は、長方形タイプかふたつ折り財布の2つの選択肢から決定することになるはずです。
それぞれ異なる強みと弱点があるので、自分の使い勝手やスタイルに合わせて使用すると良いでしょう。
長財布は平行スペースを活かして、カードなどを大量に入れても分厚くなりにくいという特徴があり、お札を綺麗な状態のまま収納できるので現金での支払いをスマートに済ませられます。
ふたつ折り財布はコンパクトに収納できるのが強みで、長財布だとズボンのお尻やジャケットの内ポケットにしか収納できないのに対して、ほぼ全てのポケットに対応できるのもメリットです。
また万が一窃盗の被害に遭いかねない状況下でも、全体がポケットの中に入っているため奪われるリスクを格段に減らすことができます。

 ふたつ折り財布は平面で見るとコンパクトですが、長財布と比べて分厚くなりやすいのが弱点です。
そして現代ではポイントサービスの増加によって、入れておくと便利なカードの数は非常に多いです。
収納すればするほどその厚みは増え、折りたたんだ時に重なる部分にそれぞれ1枚ずつカードを収納した時点で、単純計算で長財布の2倍の厚みになります。
厚みが増すと、ポケットに入れづらいだけでなくシルエットが悪目立ちをするなど、せっかくのサイズの小ささが活かせない怖れがあります。
ただキャッシュレス化が進みつつあり、スマートフォンに支払い機能を持たせたり、複数のカードをひとつにまとめられることも多いです。
なのでそれらを利用して余分な小銭やカードを持ち運ばずに済む工夫をすれば、更なるコンパクト化も不可能ではありません。

 ふたつ折り財布は長財布と比較して、全体の容量が少なくなりがちです。
なので複数使用も選択肢のひとつで、カードや小銭など嵩張りやすいものを別にすることでコンパクトさの維持も簡単になります。
もちろん全てをまとめて収納できるタイプが主流で、小銭の出しやすさやスリーブの多さなど多彩な機能を搭載した製品が圧倒的に多いです。
しかし小銭は専用のケースでよりコンパクトに、カードは最低限必要なものを除いて別の場所に置いておくなどで、効率性を高められる可能性があります。
ひとつのポケットに全てを詰め込まなければならないということではないわけです。
サイズだけでなく支払い方法の流れや管理の方法に至るまで、スマートかつミニマルに抑えたいという人にふたつ折り財布は適していると言えるでしょう。

▲ ページトップへ